2017秋展 出展社のコメント

出展のご案内

  • ファッション ワールド 東京 2017 秋にご出展いただいた企業にインタビューしました。

  • CASE
    1
    「その場で10社と取引が成立。思った以上の成果で大満足!次回は倍の小間スペースで出展します 」
    国際 バッグEXPO
    京きわみ
    京きわみ
    Q:初出展の感想や成果を教えてください
    A:それが、思った以上のお客様にブースに来ていただいて。出展社セミナーでリードから教えてもらった事前準備を、指導の通りに徹底しただけなんですが、予想以上の成果でありがたいです。もう次も、その次の会期も出展予約を入れました。
    Q:商談席をきちんと設けたことは効果がありましたか?
    A:やはり立ったままで話をするのと、座ってきちんと商談するのではバイヤーさんの感触も違いますね。話の進む度合いも断然早いです。
    京きわみ

    さまざまなシーンで使える、3種類の文様を融合した『和'g』

    Q:3日間でどのくらいの商談ができましたか?
    A:半年以内くらいに、具体的な発注をいただけそうな手応えがある会社は30社くらいでしょうか。大満足ですね。 すでによい返事をもらっている会社も5-10社ほどあるんです。ありがたいことです。
    Q:次回は、今回の倍の広さのブースで出展されると伺いました
    A:はい。次は広いスペースで、商品数も増やしてがんばってみようかと。斜め前のブースの出展社さんとコラボして商品を開発するという話もまとまったんですよ。出展してみて、そういう出会いもありました。次は、成果も倍増すると思って、期待しています(笑)

  • CASE
    2
    「3日間で300社と商談。商品を宣伝する場と
    して、展示会は絶好!」
    国際 メンズファッション EXPO
    株式会社 ヘリオスホールディングス
    株式会社 ヘリオスホールディングス
    Q:初出展とのことですが、率直に成果を教えてください
    A:思った以上に多くのお客様に足を運んでいただいて、反響が大きくてびっくりしております。 今までは主に百貨店との付き合いが多かったのですが、小売店や、実際のバーバーショップ(※)の方と出会えたことは、非常に成果として大きかったと思います。
    ※ 出展製品がメンズグルーミング製品
    株式会社 ヘリオスホールディングス

    初輸入の商品を使ったユニークなデモンストレーションが大盛況

    Q:日本初輸入の商品だそうですが、展示会に出展してみようと思われたきっかけ・動機はなんですか?
    A:一度の機会に多業種の方とお会いできるというのは、(セールスの)チャネルとしてとても有効なものだと思い、今回参加させてもらうことにしました。
    Q:何社くらいと商談ができましたか?
    A:展示会は3日間ですが、1日で50~100社ほどのお客様とお会いできましたので、今後この先、できるだけ多くの会社にブランドを紹介できるようにがんばっていきたいと思います。また、次回もぜひ出展して、展示会という機会を活用したいと考えています。

  • CASE
    3
    「商談できた会社は100社以上!さまざまな業種と接点が持て、有意義な出展でした」
    国際 生地・素材 EXPO
    帝人フロンティア株式会社
    帝人フロンティア株式会社
    Q:久しぶりの出展とのことですが、復活出展のきっかけはなんでしょうか?
    A:前回はすごく小さなスペースでの出展だったのですが、すごく手応えを感じました。今回は大きなブースで、自社の機能性素材をアピールしようと思って、出展を決めました。
    Q:何社くらいの方と名刺交換できましたか?また、普段出会わないような業種の方はいらっしゃいましたか?
    A:大体100社くらいの方とお会いできたと思います。洋服(アパレル)関係の方も、そうではなく、帝人という会社に興味を持ってくださっている方もお見えになりました。あとは、個人でお店をやっている方であったり、医療関係、ユニフォーム製造関係など…。私たちは商社ですので、いろいろなお客様と出会いたいという目的がありましたし、そういう意味で出展したことで接点の広がりを感じました。
    帝人フロンティア株式会社

    雨を滑らせ、避ける新発想の撥水ファブリックが注目の的

    Q:次回以降の出展も検討されますか?
    A:そうですね。今回出展してみて、越境ECですとか、海外からの来場者が多いことを実感しました。グローバル展開を考えたときに、展示会への出展は有意義なので次も検討したいと思います。

  • CASE
    4
    「4回連続の出展。従来の顧客層を超えた、異業種の方と商談成立!」
    国際 生地・素材 EXPO
    東光リミー株式会社
    東光リミー株式会社
    Q:今回で4回目の出展とのことですが、これまでと違った成果はありましたか?
    A:自分たちとしても、これまでと違った製品(高機能素材など)を出展しましたので、従来のお客様だけでなく、異業種の方が興味をひかれていらっしゃったという部分があります。
    Q:何件くらいの商談を行いましたか?
    A:私個人だけでも10社ほど接客・商談しましたが、ほかのスタッフもブースにいますので、結構な件数の商談ができたと思います。
    東光リミー株式会社

    着用時から冷感が持続する、新しい機能性素材を出展

    Q:次回の出展も決定とのことですが、どのような製品を展示される予定でしょうか?
    A:今回の展示会で初めて出展した製品があるのですが、まだプロトタイプですのでその精度をあげて公開したいのと、また、間に合えばもう1製品、新しい製品を出展したいと考えています。どんなものかはまだ内緒ですが(笑)

  • CASE
    5
    「これまでの出展で、名刺の交換数が一番!出会う業種も幅が広がっています」
    Designer's Gate
    comma デザイナー Tomona Endo
    comma
    Q:デザイナーズエリアに出展3回目とのことですが、成果をお聞かせください。これまでと比べて違うことがあれば教えてください
    A:今回、今まで出展した中で一番名刺の交換数が多かったです。セレクトショップの方や、OEMで製品を作ってほしいという打診もありました。また、異業種の方からのお声掛けもあり、出会う人の幅が広がったという感じです。
    Q:名刺交換をした会社と、これから具体的なお話を進めていくのでしょうか。
    A:展示会できっかけができましたので、このあといろいろとフォローして詰めていければと思います。
    comma

    ガムやタブレット専用の革ケースが大人気

    Q:次回も出展されるとのことですが、次への意気込みを聞かせてください
    A:次回は、今回よりももっと多くの方と名刺交換をして、お仕事に繋げられるようにがんばりたいです。

  • CASE
    6
    「これまで考えたこともなかった、海外バイヤー
    との出会いが得られた」
    Designer's Gate
    YPON デザイナー 松原 豊
    YPON
    Q:初出展の感想、成果は?
    A:(ファッション ワールドではない)他の展示会に出展したこともありますが、この展示会は海外からのバイヤーさんが多いという印象。国際展だなっていうことを初日に実感しました。実際に声もかけていただいて、とてもありがたいですね。
    Q:海外への販路開拓というのは難しい?
    A:海外への売り込みということ自体、考えたこともなかったです。海外のバイヤーに自分の作品を知ってもらう手段もまったくわからなかったので、今回 出展したことで海外バイヤーと出会えてとてもよかったです。
    YPON

    飾って観るだけでも楽しい「心躍る帽子」の数々

    Q:何件くらい商談ができましたか?
    A:いい感じに話がまとまっていきそうなものが、5件くらいはあると思います。収穫ですね。ファッション ワールドは他の展示会とは全然違います。いい製品を作って、次回もぜひ出たいと思っています。